資格をとるために|金銭的に安く学習できる通信講座|宅建の取得を諦めない

金銭的に安く学習できる通信講座|宅建の取得を諦めない

資格をとるために

ウーマン

受験の資格と対策

主婦の方で、保育士試験を受けてみたいという方がいらっしゃるかと思います。保育士のお仕事は、小さい子どもを預かる責任ある仕事ですが、それだけやりがいがあります。人材が不足しており、優秀な保育士が求められています。保育士試験は、受験資格があれば、受けられます。そして、保育士試験に合格するための知識を得るには、4年制の大学、短期大学や専門学校で学ぶ、通信教育の講座を受ける、などあります。主婦の方が、大学に入学して保育について勉強するのは、時間的にも経済的にも負担が大きい場合があります。大学を卒業した方など受験資格があるのでしたら、通信教育の講座を受けるのが効率がよいかと思います。ご自分の状況と照らし合わせて、工夫して、より効率的な手段で受験してください。

試験に関するお得な情報

保育士試験の知識を学ぶために受ける講座には、教育訓練給付制度の対象のものもあります。条件を満たせば、お得に講座を受けることができます。保育士試験は、筆記試験と実技試験からなります。筆記試験はマークシートです。実技試験は、3分野から受験者が2分野選ぶことができます。もし、幼稚園教諭免許をお持ちでしたら、試験が一部免除になります。また、筆記試験で一度合格した科目は、3年間有効となります。そしてこの3年の期間は、一定の条件を満たした方には延長措置があります。めでたく保育士試験に合格し、就職先を見つける際には、ハローワークに通って仕事を探すのも良いですが、保育士専用の求人サイトを利用できます。家にいながらにして、求人を見つけることができるので便利だと思います。